スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲の生命力



こちらは、刈り取りから1ヶ月ほど経った稲の切り株です。
上の穂が刈り取られても根はまだ生きているので、このように
新しい穂が出てきます。さすがに米が採れるほどではないですが、
すごい生命力ですね。
スポンサーサイト

稲刈体験

P9260063.jpg
今年も稲刈体験イベント開催しました。皆さん初めての稲刈作業に苦戦しながらも
楽しそうですね。予想以上にがんばってくれたので、作業もはかどりました。
直前に降った雨の影響で、田んぼが かなり柔らかかったのですが、
子供たちにとっては、楽しむ材料のひとつのようです。
P9260130.jpg
はさがけもがんばってくれました。空腹のおかげか、この後の昼食では
炊き立てのコシヒカリの新米があっという間になくなってしまいました。

来年も楽しい稲刈イベントになるといいですね。

機械も疲れています。



籾を玄米にする作業中突然異音と異常振動が発生。
調べてみると籾殻を送る送塵器の送風用の羽が磨耗により脱落していました。
写真の左が新品の部品で右が磨耗した部品。
機械もお疲れのようです。

ただいま清掃中



刈り取る米の種類が変わるたびにコンバインの大掃除をする必要があります。
コンバインはあちこちの扉を開けることによって、掃除が出来るように出来ています。
掃除をすると大変埃だらけになるので、やりたくない作業の一つです。

籾だらけ。



籾を玄米にすると当然籾殻もたまります。当農場では籾殻を発行させて
堆肥を作っていますが、これは籾殻排出作業中の出来事です。
籾殻の排出シャッターの故障で籾殻が止まらなくなってしまいました。
このあと、全員でトラックを掘り出すはめになりました。

やっと雨。



一ヶ月ぶりの雨です。今年の猛暑にはもううんざり。
ひさしぶりの雨で稲刈も中断中。ちょっと一息ついています。
プロフィール

米山農場

Author:米山農場
新潟県柏崎市にて水稲を中心に
栽培しています。地域に貢献でき
る農業を目指して、活動中です。
また米の直販も、好評です。
http://www.yoneyama-nojyo.com

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。